リノベーションとリフォームの違いって?

      2016/06/29

リノベーション

皆さん、こんにちは。

土手加藤材木店 四宮です。

弊社では新築注文住宅だけでなく「リノベーション」も行っています。

最近、リフォームと同じ意味合いで良く使われているこの「リノベーション」

でも「リフォームと何が違うの?」「一緒の意味でしょ?」と疑問に思っている方に今回は意外と知られていないリノベーションとリフォームの違いをご紹介します。

リノベーションとは?

リノベーションとは今ある住宅に大規模な工事を行うことで新築の時よりもさらに性能を良くすること。

また、デザインを向上させて今までの住宅に付加価値を付けることが目的です。

主に時代の変化に伴い現代の暮らしのスタイルに合わせて間取りや内装、設備の変更をします。

一般的に躯体のみのスケルトン状態(骨組み)にすることで、住まい手の好みのデザインや自由な間取り変更、水周りの位置などを全面的に変えることを言います。

 

例えばどんなこと?

  • 中古物件を購入してそこに大掛かりな改修をして自分たちのライフスタイルに合った住まいにする
  • 耐震性や耐久性の向上のために壁や天井を補修する
  • 間仕切壁などを無くしてひとつの広々とした部屋にする
  • 現代の生活スタイルに合わせて古くなった和室を洋室にする

リフォームとは?

リフォームとは老朽化した住宅を新築当時の性能に戻すことが目的です。

具体的には壊れていたり、汚れていたり、古くなった設備や内装を修繕したり交換することです。

つまり、住まいの改修・修繕全般をリフォームといいます。

ちなみに、英語でreform(リフォーム)は【改正する,改革する,改善する】などの意味で使われていて、海外で住宅などの改修のことは主にrenovation(リノベーション)が使われます。

例えばどんなこと?

  • 古くなったトイレやお風呂、キッチンなどの設備を変更する
  • ボロボロになってしまった壁紙を張り替える
  • 外壁や屋根が傷んできたので補修する(ペンキの塗り替えなど)
  • 床の張り替え

 リノベーションとリフォームはどう使い分けるの?

2つの違いを説明しましたが、正直この2つの言葉の使い分けは非常にあやふやです。

厳密な定義や線引きはないんです。

先程の違いを簡単にまとめてみると・・・

リフォーム

  • 比較的に小規模な工事
  • 住まいの改修・修繕全般
  • 新築の時の性能に戻すこと

リノベーション

  • スケルトン状態(骨組み)にしての大規模な工事(間取り変更など)
  • 古い建物を再生させ新しい価値を生み出す
  • 新築の時以上の性能にすること(現代の生活スタイルに合った住まい)

リノベーションのメリットは?

最近では、あえて中古のマンションや一戸建てを購入してそこに大掛かりな改修を行って、中古住宅に付加価値を生み出す新しい形の住まいづくりが増えています。

リノベーションを前提で購入するのですが、なぜ増えてきているのでしょうか?

そのメリットを3つにわけてご紹介します。

1 自由な住まいづくり

中古住宅をスケルトン状態にして工事(スケルトンリノベーション)を行えば、注文住宅のように自分の好きなように間取りを決めて、内装も好きなデザインにすることができます。

ですから新築物件にはない自由度があり、ライフスタイルに合わせた住まいづくりが可能です。

2 憧れの場所で住まいが手に入る

中古だと選べる物件が多いのも魅力のひとつです。

新築だとなかなか希望の条件が合わない場合が多いですが、中古であれば住みたい場所や広さ、周辺環境などの好きな条件の中から希望に合う物件を探すことができます。

ですから、自分が住みたい憧れの場所で住まいが手に入りやすいです。

3 費用が抑えられる

新築よりも費用を抑えることができます。

マンションか、一戸建てか、また築年数やリノベーションの内容にもよりますが、一般的に同じエリアで新築を購入するのと比べると中古住宅を購入してリノベーションした方がかなり費用を抑えることができます。

土手加藤材木店のリノベーション

土手加藤材木店の家づくりの基本コンセプトである「受け継がれる家づくり」は、老朽化した住宅をリノベーションによって新しく生まれ変わらせるという事にもつながっています。

自然素材リノベーション

土手加藤材木店では以下のようなリノベーションを行っています。

・一戸建て耐震リノベーション

・中古マンションリノベーション

自然素材を使っています

無垢の木の家づくりにこだわる弊社では、もちろんリノベーションにも新築同様に国産無垢ひのきを床材などの内装材で使用しています。

無垢材などの自然素材に囲まれた暮らしは都心の雑踏の中で時間に追われながら送る日々にやすらぎを与えてくれます。

設計力と提案力

お客様の個性やライフスタイルに最適のプランをご提案すると共に、昭和56年以前の建物に関しては、耐震リノベーションを積極的に取り入れていただくようにお客様にご説明しています。

一つ一つの住まいの悩みや不便性、環境条件を良く理解して、これらの問題に対応できるプラン設計に加え、耐震設計や省エネや住環境を考慮した設計を様々な角度からトータルにご提案させていただきます。

 地域密着のサポート力

地域密着だからこそ可能なお客様への迅速な対応でプランニングからお見積と施工、そして施工後のアフターサポートまで満足のいくリノベーションのご提案をしています。

また、リノベーションを検討する際にお客様がどうしようかと迷うことのひとつに、「新築に建替えた方がいいのか?リノベーションにした方がいいのか?」という悩みがよくあります。

弊社では新築建替えも行っていますので、建替えとリノベーションどちらの方がいいのかを一緒に検討することができます。

最後に

リノベーションとリフォームは同じ意味合いのようで実はそれぞれ違うんですね。

住まいの改修・修繕を行うリフォームに対してリノベーションはこれからの住まいづくりの幅を広げ、ライフスタイルに合った暮らしを実現することが可能です。

 

 - リフォーム&リノベーション